大切な想いを刻む

意志を組んだ見送り

葬儀場

自分らしさを追求した葬儀や、故人の意志を組んだ葬儀を行ないたいと考える人が増えており、そういったニーズに応えるように葬儀社も多様な工夫をしています。特別なものにしたいという考えは一般的ですが、特別にするためにどういった形式を選択するのかが重要なのです。しかし、種類や知識が無ければそういった提案もできません。遺族や故人の希望を叶えるため、しっかりとした知識を有しておく必要があります。葬儀式と告別式を行うことになりますが、近年では一つの流れで行うことが一般的になっています。葬儀式は故人の魂を送るために行われており、宗教的な意味合いを含んでいます。その一方で告別式は、家族を始め、生前故人と親しかった友人や知人が最後の別れを行うために行う社会的な式典と言えます。最近ではお通夜に出向く会葬者が多くなるという現象も起きています。葬儀式や告別式では、祭壇の飾り付けにこだわりを持つ人も多く、音楽なども故人の個性を尊重したものを選択する人も少なくありません。

葬儀の形式には様々な種類があります。相模原市には、故人や遺族の希望に沿った葬儀を行うことができる葬儀社も多く点在しています。企業の社長や会長などが亡くなった場合や、社員が殉職してしまった場合に行われる社葬を専門に行う会社も相模原市にはありますし、企業ではなく遺族が主体となって行う個人葬だけを扱った会社もあります。親族などのごく近しい人などだけで行う家族葬や密葬があります。この二つはどちらも同じように考えられていますが、密葬は一般の参列者を招いた本葬とセットで行われることが多いのです。また、相模原市を含め、各地には様々な宗教を選択している人もいます。宗教の違いで形式が変わることも良くあることです。仏式やキリスト教、神式など様々です。各新興宗教にも、各々に違った形式があるのです。そのほかにも様々な選択を行うことができるため、存命のときに希望を伝えている人も中にはいるのです。

おすすめ記事

種類の豊富さ

会場

葬儀には多くの種類があり、遺族が主宰となって行う個人葬や、企業が主宰となって行う規模が大きな社葬、二つ以上の企業や団体が合同で行う合同葬などがあります。相模原には多種多様な葬儀を提供できる会社が多く点在しています。

最近のスタイル

参列者

最近では葬儀の形も変化しており、大きく5つの傾向に分けることができます。直葬や家族葬、費用を押さえた形式の選択や伝統にとらわれない形式です。決まった形を選択しない人も増えているのです。

葬儀社の選択

お坊さん

葬儀をより良いものにするために大切なのは、優良な葬儀社選びをすることです。質問に明確に答えてくれ、真摯な対応をしてくれる葬儀社を選ぶことで、希望に沿った葬儀を行うことができます。